腰の痛み、肩の痛み、膝痛、神経痛、腱鞘炎等でお悩みの方
東京都青梅市師岡町の『青梅あおき整骨院』にお任せください。

  • ジョギングでよくおこる怪我と障害⑫

    2021年7月21日

    *ジョギングでよく起こる特徴的な障害

    ▼膝
    膝関節の炎症、膝痛、靱帯の炎症など、膝の障害は多く、総称して「ランナー膝」とも言います。

    ▼下腿(膝から下)
    すねで多く発生するのは疲労骨折

    ▼アキレス腱
    アキレス腱の障害は、上り坂の繰り返しでよく起こります。

    ▼足底(足の裏)
    中足骨(足の甲の骨)の疲労骨折のほか、足底筋膜炎なども多い。

    ◇走りすぎによる膝から下の障害が多発

    使いすぎによる少しの衝撃が同じ場所に繰り返し加わることで起こるのが障害。ジョギングの場合、転んでしまったことによる事故を除くと障害が圧倒的に多い。膝から下の部分に集中的に起こります。
    多くは、足、すね、かかとにおこる疲労骨折がありますが、他にも膝の靱帯や半月板損傷、足底筋膜炎、アキレス腱炎、ジャンパー膝、シンスプリントなどがあります。
    これらの障害は、道路、路面の傾斜など、走る場所の状態や靴、それにそもそも足の形(X脚、O脚、扁平足など)が原因となることもあります。
    当たり前ですが、走りすぎによる限界を超えなければ障害はおきません。走りすぎの防止をするのが一番の予防となります。

    *疲労骨折

    着地の衝撃と足を踏み出すときの力が繰り返し起こることで骨が疲労し、小さなひび割れ(症状が進めば骨折してしまう)が起こる障害。
    足の甲にある中足骨、すねの脛骨、かかとの踵骨(比較的少ない)などで見られ、ジョギングでは「疾走型」が多い。症状は比較的軽く、すねの細い方の骨、腓骨が疲労骨折することもあります。

    ジョギングによる膝から下の痛みでお困りでしたら当院までご相談ください。