腰の痛み、肩の痛み、膝痛、神経痛、腱鞘炎等でお悩みの方
東京都青梅市師岡町の『青梅あおき整骨院』にお任せください。

  • スポーツでおこる怪我と障害①

    2020年10月17日

    ✲野球はこんな怪我(骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷)が多い

    野球(ソフトボールもふくむ)の練習や
    試合中におこる怪我では「手指部の骨折」「足関節(足首)の捻挫」「手指部の捻挫(突き指)」が多く発生します。
    もっとも多く発生するのが「突き指」で
    脱臼や骨折しているケースも非常に多いので、「突き指ぐらい」と素人判断するのは間違い。とくにボールが大きくて重いソフトボールの場合は注意しましょう。

    足では足首の捻挫の他に、スライディングの勢いと、スパイクのストップ効果で
    大きな力が加わり、足首の骨折、下腿骨(すね)骨折もおこります。これらはスパイクの着用が怪我を大きくする原因の
    ひとつになっています。

    怪我をしてしまったら、医療機関を受診し、専門家の診断を仰ぎましょう。

    野球で怪我をしてしまったら、当院までご相談ください。